ゼロの重み

2020/08/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
結婚1年目にして無精子症が発覚。 当時の気持ちや治療などを思い出としてブログに。 男性不妊の事をたくさんの人に知ってもらいたいです。

こんにちわ。のたねです。

 

 

今日、精液検査を受けてきました。

テセ後、色々と取り組んでほんの少しでも変わっていたらいいな。1ぴきでも、1ぴきでも精子が見つかるといいな。

という気持ちでほぼ可能性はゼロでしたが、受けてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

結果はやはりゼロでした。

 

 

 

わかってた。わかってたよ。

ほんの少し夢を見るのも許されないのか。

この先どうしたらいいんだろうか。

 

 

ホント無精子症ってつらいなー。

 

自分への嫌気もあるけどそれ以上に妻や義両親への申し訳なさがとてつもない、、、

 

 

それが一番こたえる、、

 

 

 

昔はさ、精子の有無なんか考えた事もなかったし、それほど大切には思わなかった。

 

ティッシュにくるんでポイーってなもんでした。

 

 

ところが無精子症がわかってからは、

その1ぴきの大切さや

どんなものよりも価値のある物だと思う。

 

 

今後、二人はどうするのか決まっていません。

どれを選ぶにも覚悟が出来ていないって言った方が正しいのかな。

 

 

 

妻も辛いだろうな。

ほんと申し訳ないや。

喧嘩もよくするし、お互い太ってるっていじり合うし

寝てるときはアヒルみたいな可愛い顔してるけど

 

やっぱり僕じゃないほうが彼女は幸せになれるんじゃないか。

 

 

僕の心の中の大雨はいつか晴れるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 
男性不妊ランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
結婚1年目にして無精子症が発覚。 当時の気持ちや治療などを思い出としてブログに。 男性不妊の事をたくさんの人に知ってもらいたいです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 僕はタネナシ , 2020 All Rights Reserved.