選択

2020/08/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
結婚1年目にして無精子症が発覚。 当時の気持ちや治療などを思い出としてブログに。 男性不妊の事をたくさんの人に知ってもらいたいです。

こんにちわ。のたねです。

 

今回はちょっと気持ち的な話です。

 

 

 

非閉塞性無精子症と診断されたご夫婦が次に進む道は何個かありますよね。

 

 

 

特別養子縁組

AID

AIDではない精子提供

DINKS

 

など、、

 

 

 

Twitterや、私生活でもこの事について色々な声を聞きます。

 

 

「特別養子縁組は問題が多すぎる」

「AIDは提供者が分からないからやらないほうがいい」

「精子提供はAIDですらない。」

「子供が居ない家庭って幸せなの?」

 

などなど、、、

 

 

 

でもね、他人が口出す所じゃないでしょ。

 

 

そのご夫婦が真剣に話し合って、とてつもない時間と辛さを味わって決めた事なんだから。

それ相応の覚悟と理由があるんですよ。

 

しかも、無精子症で悩んでるご夫婦が他の無精子症の方にトゲのある言い方をしてるのを見ると何か悲しくなります。

 

自分と違う意見を否定したくなるのもすごく分かりますし、多分僕もそうなると思う、、

 

 

まぁうちは、TESEが終わってから2年ちょい経ちましたが何の進展もないままです、、、

今後、どういう選択をするかも決まっていません、、

 

 

 

だからこそ、他の家庭の選択にケチ付けれるような状況じゃないんですけどね笑

 

 

なんか勢いで書いたからグチャグチャな文章ですね、、

ごめんないさい💦

 

 

色々、ぼちぼちですよ。


男性不妊ランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
結婚1年目にして無精子症が発覚。 当時の気持ちや治療などを思い出としてブログに。 男性不妊の事をたくさんの人に知ってもらいたいです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 僕はタネナシ , 2020 All Rights Reserved.